3.1  3.2  3.3  3.4  R3

3.3 私は日本語を話します

I Speak Japanese

動詞「話す」  The verb "to speak"

今日はいよいよクロアチア語の動詞を勉強するよ!まず、「日本語」という意味のクロアチア語は、japanski (ヤパンスキ)だったよね。(参考:そのほかの言語や国籍の言い方)じゃあ、I speak Japanese. ってどういうのかな?

英語の speak にあたるクロアチア語の動詞は govoriti (ゴヴォリティ) 。 govoriti は原形 (不定形)、つまり辞書の見出しになる形だよ。クロアチア語の動詞は、主語によって変化するんだって! 変化のしかたは、下の表を見てね。

たとえば「私 (僕)」が主語の時は、govorim (ゴヴォリム) に変わる。逆に言えば、動詞が govorim だったら、主語は一人称単数形って決まってるから、あえて言う必要がなければ主語は省略されちゃうんだ。

Govorim japanski. 私 (僕) は日本語を話します。
I speak Japanese.
Govori talijanski i njemački. 彼女 (彼) はイタリア語とドイツ語を話します 。
She/he speaks Italian and German.
Mariko-chan govori japanski i engleski. 麻里子ちゃんは日本語と英語を話します。
Mariko-chan speaks Japanese and English.
GOVORITI (to speak)【-im型】
単数形  singular 複数形  plural
1人称 govorim  I speak 1人称 govorimo  we speak
2人称 govor  you speak 2人称 govorite  you speak
3人称 govori  he/she/it speaks 3人称 govorthey speak

 

動詞の現在形には、現在進行形の意味もあります。たとえば、govorim の意味は「私は "話す"」ですが、場合によっては「私は "話している"」という意味にもなります。

govorim = I speak, I'm speaking

 

規則動詞 Regular verbs

上で学んだ govoriti は規則的な変化をする動詞だ。語尾をみると、-im, -iš, -i, -imo, -ite, -e というふうに変化してるよね。ほかの動詞も同じ規則で変化するものがたくさんあるんだ。たとえば、raditi (働く to work) という動詞も、radim, rad, radi, radimo, radite, rade というふうに変化する。

動詞の規則変化には、もう2つのパターンがあるんだって。一人称単数形 (私・僕) の時の語尾が -am になるものと、-em になるものだよ。govoriti-im のパターン。

ZNATI (to know)【-am型】
単数形  singular 複数形  plural
1人称 znam  I know 1人称 znamo  we know
2人称 zn  you know 2人称 znate  you know
3人称 zna  he/she/it knows 3人称 znaju  they know
RAZUMJETI* (to understand)【-em型】
単数形  singular 複数形  plural
1人称 razumijem  I understand 1人称 razumijemo  we understand
2人称 razumij  you understand 2人称 razumijete  you understand
3人称 razumije  he/she/it understands 3人称 razumiju  they understand
  • * 原型の razumjeti には、m と j の間に i が無いから注意してね!(発音の関係で、そういうことが起こるの。)
Razumijem hrvatski. 私 (僕) はクロアチア語がわかります。ラズーミェム フルヴァツキ
I understand Croatian.
Znaju bosanski. 彼ら (彼女ら) はボスニア語を知っています(= ボスニア語がわかります)。
They know (= understand) Bosnian.
Znam samo malo engleski. 私 (僕) は英語が少しだけわかります。
I understand only a little English.

   samo = only
   malo = (a) little

 

規則動詞の3パターン -am型, -em型, -im型
-am型 znati (to know), probati (to try), gledati (to look at) など
-em型 razumjeti (to understand), donijeti (to bring), piti (to drink) など
-im型 govoriti (to speak), voljeti  (to love/like), raditi (to work/do), vidjeti (to see) など

 

「私はクロアチア語がわかりません。」 I don't understand Croatian.

否定文の作り方は簡単!動詞の前に ne (ネ) をつけるだけだよ。

Ne znam hrvatski. 私 (僕) はクロアチア語がわかりません。I don't know (=understand) Croatian.
Kamegoro ne govori kineski. 亀吾郎は中国語を話しません。Kamegoro doesn't speak Chinese.

 


Exercise
  1. 「私 (僕) はクロアチア語が少しだけわかります。」とクロアチア語で言って みましょう。
  2. 「亀吾郎は英語がわかります。」とクロアチア語で言って みましょう。
  3. 「私はスペイン語がわかりません。」とクロアチア語で言ってみましょう。
Notes

「(私・僕は) ~語がわかります」というには、razumijem と znam のどちらでも使えます。

 

Exercise の答え
1. Razumijem samo malo hrvatski. または Znam samo malo hrvatski.
2. Kamegoro razumije engleski. または Kamegoro zna engleski.
3. Ne razumijem španjolski. または Ne znam španjolski.

 

Lesson 3.4 へ進む ≫ 

 

a  b  c  č  ć  d  dž  đ  e  f  g  h  i  j  k  l  lj  m  n  nj  o  p  r  s  š  t  u  v  z  ž
A  B  C  Č  Ć  D  DŽ  Đ  E  F  G  H  I  J  K  L  LJ  M  N  NJ  O  P  R  S  Š  T  U  V  Z  Ž